VIVID BRASS TOKYO
Since 1995

VBTメンバー

荒木 玉緒

荒木 玉緒 Tamao Araki

プリンシパルユーフォニアム / Principal Euphonium

静岡県出身。玉川大学文学部芸術学科(現 芸術学部)卒業。
第6回ハーヴィ・G・フィリップス記念コンクール1位、日本管打楽器コンクール3位受賞(92年、95年)ほかの賞歴を持ち、ソロCD3作、レッスンDVD1作、吹奏楽誌の誌上セミナー2誌等の出版作品がある。
定期的にリサイタル・ツアーを行い、2009年には全国7ヶ所の公演(本公演: 杉並公会堂 大ホール)を果たした。これらの活動に、英国の人気作曲家 フィリップ・スパーク氏は「ユーフォニアムの大使」とのメッセージを寄せている。
これまでにユーフォニアムを後藤文夫、三浦 徹、大石 清、L.マルドナド、S. ミードの各氏に師事。
現在、ヴィヴィッド・ブラス・トーキョウ代表およびプリンシプル・ユーフォニアム奏者。全国各地でのリサイタル、ゲスト・プレイヤーとしてのソロ活動のほか、CM、映画音楽等の録音など幅広い活動を展開。
玉川大学芸術学部、洗足学園音楽大学ほかの講師。
また、大好きな吹奏楽の指導で、多くの団体とミラクルを共有している。

Tenor Hornの表記について

日本国内ではこの楽器の名称として、「テナーホーン: Tenor Horn」「アルトホルン: Alto Horn」の2通りの呼び方がありしばしば混乱を招いていますが、VBTでは英国での呼び方にならい「テナーホーン」と表記します。ちなみに「アルトホルン」は米国、日本の管楽器メーカーがそのように表記しています。