VIVID BRASS TOKYO
since 1995

vbt_w_sperk.jpg

| トップ | プロフィール | 定期・特別公演全記録 | 東京都児童会館10 |

2016-01-25

ブラスバンド・スペシャル・コンサート 
for Kids 2010

~華麗なる大編成金管バンドの魅力~

金管楽器の織りなす美しい響き、迫力あるサウンド、力強いリズムを体感しませんか?
本場ヨーロッパからも熱い注目を集める
「ヴィヴィッド・ブラス・トーキョウ」今年もフル編成で登場!!

2010年9月20日(祝・月)10_9_20.pdf
東京都児童会館
14時00分開場 14時30分開演

入場無料(先着680名)

指揮:家田厚志
ナビゲーター:手島弘子

プログラム
P.ラヴァット=クーパー:ウォーキング・ウィズ・ヒーローズ
小泉貴久/ホース・ビューグル・ポルカ
P.スパーク:「ハイランド讃歌」より
 アラデール~ダンドネル(終曲)
久石譲:崖の上のポニョ/さんぽ
G.リチャーズ編曲:ディズニー・ファンタジー
チャイコフスキー・小泉貴久編曲:「白鳥の湖」より(音楽物語形式)
 序奏~湖畔の情景~四羽の白鳥~ナポリの踊り~嵐~終曲

 2008年から開催している東京都児童会館の子ども向けのコンサートです。毎回、過去最高の問い合わせ数と入場者数を記録している大人気企画です。圧倒的リクエスト多数により、再登場です!!

 フル編成(29名)での出演ですので、ブラスバンドの楽しさ伝わる事間違いなし!!2010年5月16日の第14回定期公演で演奏された曲もプログラミングしました。乳幼児の入場OKですので普段コンサートに出かけられないお母さん、お父さんご家族で是非ご来場ください。定期公演の音楽、迫力をお子様と一緒に聴ける大チャンスです。しかも入場無料!!

 今回の児童会館公演はヴィヴィッド・ブラスならではのスペシャルなプログラムです。お子様がいらっしゃるとコンサートホールで大曲をきけるチャンスは少なくなります。そこで!!児童会館だからこそできる選曲をしました。

 プログラムメインはチャイコフスキーの名曲「白鳥の湖」をナレーション付きで音楽物語形式で演奏します。「白鳥の湖」の「組曲」の演奏頻度は高いので聴いた事があると思いますが、全曲を演奏すると3時間を超える大作なのです。元来バレエ音楽として作曲されていますので、バレエ公演では全曲演奏されています。その場合主役はバレエです。コンサートとして序奏や終曲を単独で演奏される機会は少ないのです。「組曲」に入っていない音楽でも素晴らしい名曲が本当にたくさんあります。今回はあまりコンサートでは演奏されないが、素晴らしいチャイコフスキーの音楽、序奏や終曲を是非聴いていただきたいと選曲しました。

 ヴィヴィッド・ブラスではオーケストラの雰囲気をそのままに、金管楽器の良さを最大限に引き出したアレンジでこの大曲を演奏します。お子様にも興味を持って聴いていただけるように、曲間でナレーションを入れて場面ごとの物語を説明しますので、飽きる事なく最後まで聴いてもらえると思います。

 前半プログラムも厳選した選曲でお送りします。新進気鋭の作曲家ラヴァット=クーパーのウォーキング・ウィズ・ヒーローズでファンファーレ風の音楽で爽やか幕開けします。

~~コンサートの批評から:ウォーキング・ウィズ・ヒーローズは新しいブラスバンドのサウンドの可能性を出す事に成功していました。演奏もスピード感ある良い演奏で、演奏が始まったと同時に、体がゾクゾクとした気持ちよさを感じました。プロの奏者たちの音楽が聞けました~~

 前半メインにはブラスバンド楽曲の傑作、P.スパーク作曲「ハイランド讃歌」から、珍しいトリオソロの「アラデール」(フリューゲルホルン、テナーホルン、バリトンのトリオソロ)と終曲「ダンドネル」を演奏します。洗練されたメロディー、心揺さぶるリズムを体感ください。

 ブラスバンドの名曲、オーケストラの名曲をお子様と一緒に一度に聴けるこの機会をお聴き逃しなく!!お子様と一緒にポニョ、さんぽを歌ったり、質問コーナーもありますので欲張りなコンサート間違い無しです。

 子どものためのコンサートですのでお子様と一緒にご入場ください。また、そのような趣旨のコンサートですので、演奏中の開場の物音にもご了承下さいますようお願い致します。

トップページ

コンサート案内

試聴・参考音源・演奏依頼

VBTのCD

コラム・メディア

リンク

お問い合わせ