VIVID BRASS TOKYO
since 1995

vbt_w_sperk.jpg

| トップ | プロフィール | 定期・特別公演全記録 | 東京都児童会館'08 |

2016-01-25

ブラスバンド・スペシャル・コンサート 
for Kids

~華麗なる大編成金管バンドの魅力~

金管楽器の織りなす美しい響き、迫力あるサウンド、力強いリズムを体感しませんか?
本場ヨーロッパからも熱い注目を集める
「ヴィヴィッド・ブラス・トーキョウ」遂にフル編成で登場!!

2008年9月21日(日) 

東京都児童会館

14時00分開場
14時30分開演

入場無料(先着680名)

指揮:家田 厚志 ナビゲーター:手島 弘子

2月にも開催した東京都児童会館の子ども向けのコンサートです。過去最高の圧倒的リクエスト多数により、再登場です!!

フル編成(29名)での出演ですので、ブラスバンドの楽しさ伝わる事間違いなし!!2008年5月17日の第12回定期公演で演奏された4曲もプログラミング。乳幼児の入場OKですので普段コンサートに出かけられないお母さん、お父さんご家族で是非ご来場ください。定期公演の音楽、迫力をお子様と一緒に聴ける大チャンスです。しかも入場無料!!

伝説のロックバンドQUEENの名曲「ボヘミアンラプソディー」から今年6月に公開された「インディジョーンズ」のテーマ曲、宮崎駿アニメの新作「崖の上のポニョ」や「となりのトトロ」や、ブラスバンドのオリジナルまで、どなたでも楽しめるプログラムにしました。開場でお待ちしています。

子どものためのコンサートですのでお子様と一緒にご入場ください。また、そのような趣旨のコンサートですので演奏中の開場の物音にもご了承下さいますようお願い致します。

shibuya_c.jpg
スペシャル・コンサート
for Kids

ieda.jpg
家田 厚志

tejima.jpg
手島 弘子

プログラム
P.L.クーパー:ホェア・イーグルス・シング「鷲の鳴く処」
小泉貴久:ホース・ビューグル・ポルカ
P.グラハム:ブリリアンテ
 ソロ:荒木玉緒・牛上隆司
みんなで歌おう
  となりのトトロより「さんぽ」
B.ウィーラン:リバーダンス

ジョージ・ガーシュイン:ストライク・アップ・ザ・バンド
フレディー・マーキュリー:ボヘミアンラプソディー
みんなで歌おう
  崖の上のポニョ
ディズニーメドレー
ジョン・ウィリアムス:インディ・ジョーンズ テーマ曲

コンサートの聴き所

Hearing place of concert

P.L.クーパー:ホェア・イーグルス・シング「鷲の鳴く処」
演奏会の開幕にふさわしいこの曲は2006年に作曲された新しい曲です。打楽器を加えた勇壮なファンファーレで幕を開き、コルネットやユーフォニアムが鷲の飛翔を思わせるパッセージを奏すると同時に、コラールが遠くから聴こえます。ユーフォニアムのスピード感溢れる演奏にはきっと目を奪われるでしょう。

この曲は非常に難曲で国内で演奏される事は滅多にありません。この機会お聞き逃がしなく。

小泉貴久:ホース・ビューグル・ポルカ
小泉貴久のコメント
この曲は元々、金沢リングブラスの委嘱で作曲し2003年10月に初演しました。評判が良かったので、VBTに8重奏に書き直して演奏していましたが、今回の為に改めてフル編成に書き下ろました。

2人のコルネット奏者が「ホース・ビューグル」・・・普通の水道のホースにジョウゴを付けた究極にシンプルな楽器??・・・に持ち替えて演奏します。とても楽しい曲です。金管楽器の原点、仕組みを見られますよ。

P.グラハム:ブリリアンテ
2本のユーフォニアムがソロをするとても楽しく明るい曲。
しかしながら、2人のソリストに求められるテクニックは尋常ではない。超ハイトーンから超ロウトーンまで、速いパッセージでのハモり、そして、大いなる歌心。。。。超絶技巧のこの曲、VBTが誇る2人の名プレイヤー荒木玉緒牛上隆司がいてからこそ出来る作品です。この曲も国内では滅多に聴く事が出来ません。この機会お聞き逃がしなく。

~~~~

「ブリリアンテ」のソリスト
ユーフォニアム奏者、荒木玉緒のコメント
ブリランテと言えば「チャイルズ・ブラザーズ」!

彼らが初来日の時にバックを務めていたボクは「これってどう吹いているんだろう」とリハーサルのあいだ中、ずっと考えていました。今、この曲が普通に演奏できることが、なんか不思議です。

お客さまによろこんでいただけるよう、精一杯の準備で公演をむかえたいです。

B.ウィーラン:リバーダンス
世界中で大人気のリバーダンスです。ダンスは出てきませんが(笑)吹奏楽でも最近演奏する団体が増えてきました。VBTでは原曲の音楽に忠実なアレンジを採用し、雰囲気を損なわずによりダイナミックに感動的な音楽に仕上げています。アイルランドの悲しい歴史を唄った、美しくも悲しい旋律、躍動するリズム、これぞ金管楽器の醍醐味をお楽しみ下さい。

Gガーシュイン:STRIKE UP THE BANDのソリスト
ドラムス奏者、三浦肇のコメント
1927年に初演されたガーシュインのミュージカル作品、『ストライク・アップ・ザ・バンド』からの同名テーマですね。元々はマーチだったのかな?ジャズボーカルのスタンダードとしても知られています。

ミュージカル『ストライク・アップ・ザ・バンド』は戦争批判から生まれた作品ですが、皮肉なことに第2次世界大戦下、アメリカでは兵士の士気を鼓舞する為に使われていたそうです。また、近年では独立記念日に頻繁に演奏されているそうです。

さて、この曲ですが。元気のよいアップテンポのナンバーにアレンジされています。 威勢の良さを損なわないよう、小気味よくスピード感溢れる演奏が出来たら、と思っています。

三浦肇のホームページLinkIcon

フレディー・マーキュリー:ボヘミアンラプソディー
伝説のロックバンド「QUEEN」の名曲。
若くしてこの世を去った天才フレディー・マーキュリーの最高傑作で、20世紀のポピュラー音楽を代表する1曲です。
バラード、オペラ、ハードロックと基本的は3部構成で、哀愁たっぷりの音楽で始まり胸に迫るエンディング・・・一曲の中にこれほどのドラマが詰まったポピュラー音楽がほかにあるのでしょうか?

美しい素晴らしい音楽は、ジャンルを超えて人々を感動させます。VBTスタイルの「QUEEN」もお楽しみ下さい。

ジョン・ウィリアムス:インディ・ジョーンズ テーマ曲
2008年6月に第3作目が公開された映画「インディ・ジョーンズ」のテーマ曲は世代を超えて皆さん聞いた事がある名曲です。Jウィリアムスの音楽は、単独で演奏してもとても素晴らしいドラマがあります。
映画のサウンドトラックの雰囲気をそのままに、金管バンドの名アレンジででお聴き下さい。

トップページ

コンサート案内

試聴・参考音源・演奏依頼

VBTのCD

コラム・メディア

リンク

お問い合わせ