VIVID BRASS TOKYO
since 1995

vbt_w_sperk.jpg

| トップ | プロフィール | メンバー | 畑中暢行 |

2016-01-25

畑中 暢行

Nobuyuki HATANAKA Percussion

hatanaka.jpg1953年東京都に生まれる。5歳より桐朋学園子供の為の音楽教室に入室。

その後東京芸術大学器楽科(打楽器専攻)に入学。在学中より、オーケストラ・録音スタジオ等の活動を開始する。また、パーカッショングループ72の活動に参加。

現在フリーランスのTimp.&Percussionプレイヤーとしてあらゆるジャンルでの演奏活動をこなしながら、一方では吹奏楽の指導でも文教大学・創価グロリア吹奏楽団等の団体のパーカッションパートの指導でめざましい成果を上げている。

パーカッショングループ72アンサンブル・A・Corde、東京アーバンブラス、VIVID BRASS TOKYO、各メンバー。文学座座外講師。

畑中暢行のホームページはこちらLinkIcon



Sopreno Cornet
shibayama.jpg柴山貴生

Principal Cornet
kojima.jpg小島圭滋

Cornet
hirabayashi.jpg平林剛

Cornet
koizumi.JPG小泉貴久

Cornet
kaneko.jpg金子敦則

Cornet
yoda.jpg依田泰幸

Cornet
mimomi.JPG実籾純代

Cornet
kamijyo.jpg上條浩史

Cornet
hida.JPG肥田尚子

Cornet
NEC_0017.jpg佐藤知之

Flugel Horn
abe.JPG阿部一樹

Solo TenorHorn
hara.JPG原進

Tenor Horn
ohta.JPG太田聡

Tenor Horn
kotera.jpg小寺香奈

PrincipalEuphonium
tamao.jpg荒木玉緒

Euphonium
ushigami.jpg牛上隆司

Baritone
yamato.jpg山戸宏之

Baritone
kaneda.JPG金田耕一

Trombone
itou.jpg伊藤吉隆

Trombone
makita.jpg牧田大助

Bass
kuniki.jpg国木伸光

Bass
ogawa.jpg小川平祐

Bass
furusawa.jpg古沢充

Bass
tanaka_masayuki.jpg田中優幸

Percussion
hatanaka.jpg畑中暢行

Tenor Hornの表記について

日本国内ではこの楽器の名称として、「テナーホーン:Tenor Horn」「アルトホルン:Alto Horn」の2通りの呼び方がありしばしば混乱を招いているが、VBTでは英国での呼び方にならい「テナーホーン」と表記します。ちなみに「アルトホルン」は米国、日本の管楽器メーカーがそのように表記しています。